本文へ移動

平成30年度 交通事故・労働災害撲滅総決起大会

交通事故・労働災害撲滅総決起大会開催

 平成30年度の交通事故・労働災害撲滅総決起大会を7月1日(日)リフレサッポロ1Fライラックホールに於いて従業員106名の参加で開催いたしました。

代表取締役社長 見延和俊より挨拶

代表取締役社長見延和俊
 平成30年度、北海道通運は「生産性視点による攻めと備えの経営」をテーマとして、過去三年間の実績を上回り、しっかりと予算達成することを目標に全社を挙げて取り組んでいるところであります。本日は改めて安全のことを学び、基本動作の重要性や心構えを再確認し、一人ひとりが安全意識、プロ意識を強く持ち、事故によって不幸になる人間を、会社の中にも、会社の外にも作らないことを誓い、あらためて交通事故・労働災害撲滅に向け努めていかなければならない。という旨の話がありました。

来賓挨拶

 北海道札幌方面白石警察署 交通第一課 企画・規制係長 北海道警部補 道見芳隆様と北海道トラック交通共済協同組合 安全推進企画部 部長 岩泉伸吾様から、ドライバーのみならず歩行者・自転車も安全確認を疎かにすると事故に繋がり、双方が安全確認を確実に行わなければ、交通事故は減少しないなど、道内における交通事故の発生状況・傾向等、我々の業界にとっても身近で重要なご挨拶を頂きました。
 
 その後、平成30年度第1四半期無事故・無災害達成店所、6店所の報告を行いました。
北海道札幌方面白石警察署 交通第一課 企画・規制係長 北海道警部補 道見芳隆様
北海道トラック交通共済協同組合 安全推進企画部 部長 岩泉伸吾様

講演

 今年度の総決起大会は昨年に引き続き、株式会社プロデキューブ代表取締役で、「全日本トラック協会」や「国土交通省」などでコーディネーターや各種委員を歴任されております、高柳勝二(たかやなぎかつじ)様に【プロとして魅せる仕事の優先順位】と題してご講演をして頂きました。

  1. 事故の原因はひとつとは限らない→複数の原因が重なり発生
  2. 安全は事故の経験で学ぶのではなく安全の教育で学ぶもの
  3. まずは重大事故ゼロ→つぎに繰り返す事故をゼロ
  4. 輪止めは3つのバロメーター
    ・ドライバーの心身の状態を示す
    ・管理者の指導力を示す
    ・会社の安全と品質を示す
  5. しない・させない・あおり運転
  6. 荷主様の「製品」×運送会社の「選び方」=配送先様での「商品価値」
  7. 「注意をする」以上の「確認をする」

 以上の7項目による実務経験を活かした内容で、大変ためになる事を学習しました。
今後の仕事や安全衛生活動などに是非活かして行きたいと考えております。
株式会社プロデキューブ代表取締役 高柳勝二様
株式会社プロデキューブ代表取締役 高柳勝二様

決意表明

 大会の後半では、従業員代表による交通事故・労働災害撲滅に向けての決意表明を行い、最後に閉会宣言として弊社労働組合、伊藤副執行委員長より交通事故・労働災害ゼロに向けて「ガンバロウ!」三唱を全員にて行い閉会いたしました。
 今大会で高まった安全衛生への意識をより一層活かし、全社を挙げて交通事故・労働災害の撲滅に向け取り組んでまいります。
決意表明
ガンバロウ三唱
北海道通運株式会社
〒047-0027
北海道小樽市堺町5番1号
TEL.0134-33-3111
FAX.0134-33-3118
1.貨物自動車運送事業
2.貨物利用運送事業
3.倉庫業
4.通関業
5.産業廃棄物収集運搬業
  (北海道許可)他

【グリーン経営認証 取得事業所】

  札幌貨物ターミナル支店

【安全性優良事業所認定事業所】

  札幌貨物ターミナル支店

  帯広営業所

  小樽支店

  苫小牧支店

  関東支店

  恵庭営業所

TOPへ戻る